ドルチボーレベビーソープはデリケートな赤ちゃんの肌におすすめ?

大切な我が子のお肌がトラブルなくいてくれるよう、ベビースキンケアに力を入れたいママも多いと思います。

ここ最近、色んなサイトにておすすめのベビーソープとして紹介されているベビーソープがあります。

それは「Dolci Bolle(ドルチボーレ)」のベビーソープです。

楽天市場でも高評価な口コミが並び、
300mlで3,456円(税込)となかなかなお値段ながら、多くの支持を受けています。

このドルチボーレベビーソープというのは、
水と珪素(ミネラル)を特徴にしているベビーソープのようです。

ベビーソープの成分のほとんどは水です。
シャンプーなどでも同じですが、洗浄系の化粧品に一番多く配合されているのは水となります。

そして、多くの場合は精製水やRO水を使用しますが、
ドルチボーレベビーソープの場合は非加熱天然水を使用しているということです。

精製水やRO水というのはろ過などによって水に含まれる不純物を取り除いていますが、
その際に水に含まれるミネラル等の栄養も取り除かれます。

非加熱天然水は原水に厳しい条件があり、条件をクリアした水だけが認められる加熱処理をしなくても良い水です。

この非加熱天然水はナチュラルミネラルウォーターとして「天使の希水」という商品名で販売されています。この天使の希水を開発したのは九州の産婦人科の先生です。

そして、最近美容健康業界で注目度が上がっている珪素も配合されています。
珪素はミネラルの一つで、髪や肌、爪などに含まれています。
お肌本来の美肌を保つのに欠かせないミネラルです。

そして、それ以外の成分も厳選し、赤ちゃんのお肌にできる限り負担を掛けないよう考えて作られているベビーソープがドルチボーレベビーソープです。

口コミを見ていると洗い上がりがしっとりするという声が多く、
使い出したら湿疹が落ち着いたという声も多く見られます。

敏感な赤ちゃんのお肌を乳児湿疹などの肌トラブルから守ってあげたい、ママやパパにおすすめのベビーソープです。

敏感肌の方が知っておきたいスキンケアの基本

何事も基本を学ぶことは大切ですよね。

スキンケアについても例外ではありません。

大人の女性の方であれば、毎日スキンケアを行っているのではないでしょうか?

入浴後に化粧水や乳液、美容液などでお肌のお手入れを行う。
当然のようにしていることだと思います。

ではなんのためにスキンケアを行っているか考えたことはありますか?

スキンケアの目的は不足しているものを補うことです。

不足しているものというのは様々です。
潤いが足りなくて肌がカサカサになっているのであれば、潤いを足す。
お肌に潤いはあるけれど、皮脂が少なく、すぐに乾燥してしまうというのであれば、油分を足す。
お肌への優しさが不足しているのであれば、お肌への優しさを足す。

そういったお肌に不足しているものを補うケアがスキンケアとなります。

ただ単に化粧品をつけておけば良いというわけではありません。

お肌のケアのために使う基礎化粧品も防腐剤やキレート剤などの成分が使われていますので、
少なからずお肌への負担となりえます。

そのため、ケアする必要がないくらい健やかなお肌なのに、過剰なケアを行うことは、お肌に負担を与えるだけになるかもしれません。

それでは敏感肌の方はどのようなスキンケアを心掛けることがおすすめでしょうか?

敏感肌の方の一番の特徴はお肌が外部からの刺激に弱い状態であるということです。

先程の例でいうと、お肌への優しさが不足している状態なので、お肌に優しさを足してあげましょう。
つまり、低刺激な化粧品を使用するということです。

お肌に優しいことが大前提で、そのうえで、敏感肌の方は肌のバリア機能が低下していますので、お肌が乾燥しやすい状態でもあります。お肌を乾燥させないようにしっかりと保湿ケアも必要となります。

お肌への優しさと保湿力、この2つを基準でご使用される化粧品を選び、毎日のスキンケアを行うことが敏感肌の方のスキンケアの基本となります。

赤ちゃん用石鹸であればどれでも肌に優しいの?

赤ちゃん石鹸といえば、固形石鹸タイプやベビーソープのような液体・泡タイプのものなど色々な赤ちゃん用石鹸がありますが、どれでもお肌に優しいといえるのでしょうか?

どうやら全ての赤ちゃん石鹸がお肌に優しいわけではなさそうです。

ベビーソープや固形石鹸のような赤ちゃん石鹸であっても、大人のボディソープや洗顔石鹸などと同様、成分の組み合わせで作られています。それは化粧品である限りは変わりません。

赤ちゃん用だからといって、ベビーソープには大人用のボディソープとは全く異なる成分が使われているというわけではないのです。

では、何をもって赤ちゃん用と大人用に分けられているのでしょうか?
それは、つまりお肌への優しさが基本的には基準になっているはずです。

そうでなければ、そもそも赤ちゃん用と大人用なんて分ける必要がないわけですから。

では、赤ちゃん用のベビーソープと大人用のボディソープではどのような点が異なる傾向があるでしょうか?

赤ちゃん用のベビーソープの特徴を挙げますと、

・合成香料や合成着色料が無添加なものが多い
・ラウリル硫酸Naなどの硫酸系洗浄成分を使っていないものが多い
・配合成分数が少ないシンプルなものが多い
・防腐剤にパラベンを使っていないものが多い
・泡立ちが控えめなものが多い
・泡切れの良いものが多い

だいたいこのような特徴があります。

大人用のボディソープはかなり香りにこだわっているものや、モコモコとしたクリームのような泡立ちといった要素にこだわるものが多い傾向があります。

結局赤ちゃん石鹸や大人用の洗浄系化粧品の違いは求められているものの違いが大きいのではないでしょうか?

赤ちゃんには安全を求める方が多いので、安全&安心を叶えるものが多い傾向にあり、
大人の場合にはイイ香りに包まれたいとか、気持ちの良い泡でバスタイムを楽しみたいといった色んな要望を叶えるためのものが多くなっています。

あくまでも傾向といっているのは、
赤ちゃん石鹸であっても、お肌への優しさを度外視した商品はないとはいえませんし、
大人用でもお肌への負担を考えてこだわって作られたものもあるからです。

そのため、赤ちゃん用石鹸であれば、どんなものでも肌に優しいのかといいますと、
お肌に優しいものが多い傾向ですが、必ずしもお肌に優しいものだけではないということになります。

乳児湿疹ができやすい敏感肌の赤ちゃん

赤ちゃんは乳児湿疹等の肌トラブルができやすいイメージありませんか?

ハリもツヤもあって、透明感溢れる大人の憧れ肌が赤ちゃん肌と思われがちですが、
ちょっとしたことですぐにお肌にブツブツができてしまうデリケートなお肌が赤ちゃんのお肌です。

どうして赤ちゃんのお肌はすぐに乳児湿疹のようなトラブルが起こってしまうのでしょうか?

一番の理由は何と言っても赤ちゃんの皮膚の薄さです。

お子様ができてベビースキンケアや乳児湿疹について調べたりすることがない限り、
ほとんどの方は知らないと思いますが、赤ちゃんの皮膚は大人の半分以下の薄さなのです。

皮膚の薄さが大人の半分以下と薄い赤ちゃんの皮膚はお分かり頂けると思いますが、
外部からのあらゆる刺激に対して弱いといえます。

そのため、赤ちゃんは何かに触れたり、タオルで擦ったり、石鹸やベビーソープ、ベビーローションなど化粧品の刺激であったり、赤ちゃん自身の汗や皮脂、排泄物、そしてそれによって増殖する雑菌、さらにはハウスダストなどありとあらゆる刺激に対して大人よりも敏感となっています。

皮膚が薄いことは刺激に弱いだけでなく、肌が乾燥しやすいことにもつながります。
含んでいる水分量が少ないため、お肌の皮脂膜などが奪われると乾燥しがちとなります。

つまり、乾燥肌傾向にあり、敏感肌でもあるのが赤ちゃん肌なのです。

お肌の乾燥はさらなる刺激に弱くなることにつながり、それはさらに乾燥へとつながる。
そういう悪循環に陥りやすくなり、お肌の状態が悪化していくと、汗疹(あせも)やおむつかぶれ、新生児ニキビ、脂漏性湿疹、接触性湿疹などの乳児湿疹という肌トラブルにつながりやすくなります。

赤ちゃんに乳児湿疹ができやすいのは赤ちゃんの肌が敏感肌であり、乾燥肌傾向にあることが一番の理由といえます。

デリケートで敏感な赤ちゃんのお肌の為のベビーローションの選び方

赤ちゃんのお肌は皮膚が大人よりも薄い分、外部からのあらゆる刺激に敏感なため、肌に触れるもの全てに注意してあげることが大切です。

ベビースキンケアではベビーソープやベビーローションがあります。

ベビーソープはお肌の洗浄が目的であり、ベビーローションはお肌の保湿が目的です。

目的も違いますが、もう一つ大切なことがあります。
それはベビーソープは洗い流すものであり、ベビーローションは塗りっぱなしのものであるということです。

ベビーソープは基本的に使ってお湯で流すので、
基本的にしっかりと洗い流せば成分がお肌に残るものではありません。

泡切れの良いベビーソープであれば、なおさらです。

ですが、ベビーローションの場合は塗ることによって保湿することが目的なので、
塗りっぱなしになります。

つまり、お肌への負担を考えた際に、塗りっぱなしであるベビーローションはよりお肌への優しさを考慮した成分で作られていることが大切だということになります。

ベビーローションはベビーソープよりもある意味お肌への負担を考慮しなければなりません。

赤ちゃんのお肌を乾燥から守るのに必要な潤いを与えつつ、
一つ一つの成分はお肌に優しいもの。

これが敏感でデリケートな赤ちゃんのお肌にとって最適なベビーローションと言えるのではないでしょうか?

保湿成分をただたくさん入れるのではなく、必要な保湿力を持たせながら、
配合成分数はシンプルにおさえているベビーローションがおすすめです。

敏感な赤ちゃんにオススメのベビーソープとは?

赤ちゃんのお肌は敏感だという認識をされている方は多いと思いますが、
なぜ敏感なのかご存じでしょうか?

なんとなく生まれたばかりで未熟なお肌だから?
ある意味そうなのかもしれませんが、
赤ちゃんのお肌は大人に比べると皮膚が薄いんです。

どのくらい薄いかというと、半分以下、3分の1以下と言われています。

皮膚が薄いとどうなるでしょうか?

イメージして頂くとわかりやすいかと思いますが、
靴底のペラペラな薄底な靴を履いて石だらけの道を歩くと足の裏が痛いですよね。
でも底が厚い靴を履いて歩くと何も感じません。

つまり、薄いと刺激が伝わりやすくなるということです。

それは叩く、擦るといった刺激はもちろんですが、
化粧品の成分による刺激も負担となりやすくなります。

だから赤ちゃんのお肌に触れるものには気をつけましょうと言われているわけです。

衣類やタオルなども赤ちゃんの肌に直接触れるので素材や安全性を見極めて購入する必要がありますが、
ベビースキンケアでも同じようなことが言えます。

ベビースキンケアは洗うと保湿という2つの目的に分けられていますが、
洗うといえば、ベビーソープです。

ベビーソープには洗浄剤が含まれています。
これによって余分な皮脂汚れなどを洗い流すことができるわけですが、
落とし過ぎはお肌の乾燥につながります。

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、刺激に弱いだけでなく、含んでいる水分量も少ないため、
ちょっとしたことで乾燥しやすくなります。

なので、ベビーソープ選びはある意味洗浄成分選びといえます。

もちろん、洗浄成分以外の成分も赤ちゃんの敏感な肌に負担の少ないものであるにこしたことはありません。

必要な潤いを残したままスッキリと洗い上げるベビーソープを選んであげましょう。

敏感なお肌の赤ちゃんのためのオススメベビーソープ

大人が守ってあげなければならない大切な存在である赤ちゃん。
赤ちゃんは未来を担う宝物です。

昔はアトピーの赤ちゃんって今よりずっと少なかったんです。
アトピーの赤ちゃんが増えた理由は食文化や生活様式などの変化が一番大きいと思います。

昔はモノが少なかったので、今ある自然を生かして工夫しながら生活していました。
それが、今ではモノが溢れる時代です。

ファストフードやコンビニなど簡単に食べることができる食べ物や、
添加物たっぷりの食品。

形がきれいじゃないと売れないということで品種改良されまくった野菜。
日持ちしないといけないからと農薬たっぷりのお米。

便利さを追求するあまり、どんどん品質や自然の恵みが損なわれています。
そんな中、オーガニックや自然派といった品質にこだわる人も増えつつあります。

食器も洗濯もシャンプーもただ洗えれば良かった時代はもう終わりつつあります。
今こそ品質にこだわった商品が必要なのです。

特にデリケートなお肌を持つ赤ちゃんにはお肌に優しい製品を使いたいと思うのがご両親の想いではないでしょうか。
赤ちゃんが使うベビーソープはとっても重要です。

ベビーソープには洗浄成分が配合されていますので、お肌の皮脂を洗い流すので、乾燥しやすくなります。
洗浄成分の脱脂力(皮脂を落とす力)も成分によって様々です。

赤ちゃんのお肌に必要な皮脂は残しながら、お肌に優しい保湿成分でしっとりと潤す。
そんなベビーソープがオススメです。

無添加でとてもお肌に優しい。それでいて汗っかきの赤ちゃんの汗や汚れはきちんと落とす!
そんなベビーソープがドルチボーレのベビーソープです。

赤ちゃんだけでなく、お肌が敏感な大人の方にもオススメです。

ドルチボーレの公式通販はこちら⇒大切な赤ちゃんに使いたい!無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

赤ちゃんの為に作られたブランド「BabyGanics ベビガニックス」

BabyGanics ベビガニックスというブランドを知っていますか?名前からも想像はできるかと思いますが、もちろんベビーすなわち赤ちゃんのことを第一に考えて作られている様々な生活用品や化粧品を生み出している自然派の化粧品・生活品ブランドです。

ベビーすなわち赤ちゃんに安心して使用できる商品ということは人類すべての人たちにとってももっとも安全な製品であるということです。なにせ赤ちゃんはとってもデリケートな存在です。刺激に弱く、優しく見守ってあげる必要があります。BabyGanics ベビガニックスはそのような家族みんなで安心安全に使える商品作りを心がけています。だからこそBabyGanics ベビガニックスの商品は多くのご家庭に愛されています。

BabyGanics ベビガニックスは大切なわが子のことを考えたパパによって生み出されたブランドです。わが子にとって安心して使える商品、赤ちゃんが使うものをきれいにするための商品もすべて安全でなければなりません。もちろん赤ちゃんに使うシャンプーやボディソープももちろん低刺激で安全なものでなければなりません。BabyGanics ベビガニックス製品はベビーから始まる全人類に対しての安心安全を願って作られています。

赤ちゃんにとって安全な商品を使いたいと思っているパパやママは多いと思います。大切なわが子の為ならどんな高価なものでもよいものであれば使いたいと思っている親も多いと思います。そんなパパやママたちにこそBabyGanics ベビガニックスの商品を使って欲しいと思います。ベビー向けに作られている商品というのはたくさんあります。しかしながら、どのようなジャンルの商品でもそうですが、ひとことにベビー用品というくくりであっても実際はピンキリなのが実情です。

特に体に直接使う化粧品などはよく選んで使う必要があります。赤ちゃんは自分自身で商品を選ぶことはできません。すべてお父さんやお母さんが選んだものがすべてなのです。だからこそ大切なお子様に使う製品はよく選んであげてほしいと思います。化粧品であれば、配合されている成分で化粧品の品質が決まります。低刺激で安全性の高い成分を使用している商品を選んであげましょう。