乳児湿疹ができやすい敏感肌の赤ちゃん

赤ちゃんは乳児湿疹等の肌トラブルができやすいイメージありませんか?

ハリもツヤもあって、透明感溢れる大人の憧れ肌が赤ちゃん肌と思われがちですが、
ちょっとしたことですぐにお肌にブツブツができてしまうデリケートなお肌が赤ちゃんのお肌です。

どうして赤ちゃんのお肌はすぐに乳児湿疹のようなトラブルが起こってしまうのでしょうか?

一番の理由は何と言っても赤ちゃんの皮膚の薄さです。

お子様ができてベビースキンケアや乳児湿疹について調べたりすることがない限り、
ほとんどの方は知らないと思いますが、赤ちゃんの皮膚は大人の半分以下の薄さなのです。

皮膚の薄さが大人の半分以下と薄い赤ちゃんの皮膚はお分かり頂けると思いますが、
外部からのあらゆる刺激に対して弱いといえます。

そのため、赤ちゃんは何かに触れたり、タオルで擦ったり、石鹸やベビーソープ、ベビーローションなど化粧品の刺激であったり、赤ちゃん自身の汗や皮脂、排泄物、そしてそれによって増殖する雑菌、さらにはハウスダストなどありとあらゆる刺激に対して大人よりも敏感となっています。

皮膚が薄いことは刺激に弱いだけでなく、肌が乾燥しやすいことにもつながります。
含んでいる水分量が少ないため、お肌の皮脂膜などが奪われると乾燥しがちとなります。

つまり、乾燥肌傾向にあり、敏感肌でもあるのが赤ちゃん肌なのです。

お肌の乾燥はさらなる刺激に弱くなることにつながり、それはさらに乾燥へとつながる。
そういう悪循環に陥りやすくなり、お肌の状態が悪化していくと、汗疹(あせも)やおむつかぶれ、新生児ニキビ、脂漏性湿疹、接触性湿疹などの乳児湿疹という肌トラブルにつながりやすくなります。

赤ちゃんに乳児湿疹ができやすいのは赤ちゃんの肌が敏感肌であり、乾燥肌傾向にあることが一番の理由といえます。

Leave a Reply