敏感な赤ちゃんにオススメのベビーソープとは?

赤ちゃんのお肌は敏感だという認識をされている方は多いと思いますが、
なぜ敏感なのかご存じでしょうか?

なんとなく生まれたばかりで未熟なお肌だから?
ある意味そうなのかもしれませんが、
赤ちゃんのお肌は大人に比べると皮膚が薄いんです。

どのくらい薄いかというと、半分以下、3分の1以下と言われています。

皮膚が薄いとどうなるでしょうか?

イメージして頂くとわかりやすいかと思いますが、
靴底のペラペラな薄底な靴を履いて石だらけの道を歩くと足の裏が痛いですよね。
でも底が厚い靴を履いて歩くと何も感じません。

つまり、薄いと刺激が伝わりやすくなるということです。

それは叩く、擦るといった刺激はもちろんですが、
化粧品の成分による刺激も負担となりやすくなります。

だから赤ちゃんのお肌に触れるものには気をつけましょうと言われているわけです。

衣類やタオルなども赤ちゃんの肌に直接触れるので素材や安全性を見極めて購入する必要がありますが、
ベビースキンケアでも同じようなことが言えます。

ベビースキンケアは洗うと保湿という2つの目的に分けられていますが、
洗うといえば、ベビーソープです。

ベビーソープには洗浄剤が含まれています。
これによって余分な皮脂汚れなどを洗い流すことができるわけですが、
落とし過ぎはお肌の乾燥につながります。

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、刺激に弱いだけでなく、含んでいる水分量も少ないため、
ちょっとしたことで乾燥しやすくなります。

なので、ベビーソープ選びはある意味洗浄成分選びといえます。

もちろん、洗浄成分以外の成分も赤ちゃんの敏感な肌に負担の少ないものであるにこしたことはありません。

必要な潤いを残したままスッキリと洗い上げるベビーソープを選んであげましょう。

Leave a Reply