敏感肌対策にはバリア機能をサポートするケアを!

敏感肌と赤ちゃんのお肌の共通点

大人の敏感肌の方と赤ちゃんのお肌には似た特徴があります。

それはお肌がとてもデリケートで外部からの刺激に弱いという点です。

お肌は本来バリア機能というものを備えており、
バリア機能によって外部からの刺激などから守られ、肌トラブル予防に役立っています。

ですが、敏感肌というのはそのバリア機能が低下、もしくは失われているような状態です。

赤ちゃんの場合はバリア機能の低下ではなく、バリア機能が未熟な状態により刺激に弱くなっています。

敏感肌にはバリア機能のサポートが大切

敏感肌の方にも赤ちゃんのお肌にもスキンケアで大切なことはバリア機能をサポートするということです。

バリア機能というのはお肌の角層にある細胞間脂質と天然保湿因子の保水力によって保たれている潤いとその潤いを失わない為の皮脂膜という二重のバリアからなります。

そのため、スキンケアでバリア機能をサポートする際にも保水成分とオイルによる保湿のダブルケアが理想的です。

保水成分として有名なのはヒアルロン酸やセラミド、PCA-Na、アミノ酸などがあります。
さらにお肌の皮脂膜をサポートしてくれる保湿成分には馬油やホホバオイル、オリーブオイル、シアバターなどがあります。

潤いと油分をバランスよく補うことによってお肌のバリア機能を保つサポートに役立ちます。

スキンケアはお肌の根本を改善するものではありません。
お肌の状態を根本から良くするには生活習慣の見直しを行い根気よく継続していくしかありません。

とはいってもスキンケアはお肌の表面だけをケアするわけでなく、お肌のバリア機能の低下を防ぐためのサポートに役立つことによってお肌をトラブルから守ったり、お肌の状態の悪化を防ぐことはできますので、しっかりと正しいスキンケアを行うことはやはり大切です。

正しいスキンケアというのはお肌にとって必要なものを補うケアのことを指します。

是非、正しいスキンケアでお肌のバリア機能をサポートし、敏感肌から健やか肌へと導いていきましょう。

Leave a Reply