赤ちゃんの肌はなぜ敏感肌なのか?構造を知ってスキンケアに活かす!

赤ちゃんのお肌が敏感肌という認識はお持ちでしょうか?

お持ちでないのであれば、赤ちゃんのお肌は大人でいうところの敏感肌であるという認識を持ってあげて下さい。

どうして赤ちゃんの肌が敏感肌なのかといいますと、その理由は赤ちゃんのお肌の構造にあります。

同じ人間なので大人と赤ちゃんのお肌の作りが全く違うというようなことはないのですが、
決定的に異なる点があり、それが皮膚の薄さです。

どっちが薄いの?それはもちろん赤ちゃんのお肌です。

基本的に半分以下とか3分の1といわれていますが、中には6分の1と紹介されている場合もあります。

半分と6分の1では全然違ってきますが、知っておくべきことは「大人の皮膚に比べ赤ちゃんの皮膚はかなり薄い」ということです。

皮膚が薄いとどういったデメリットがあるかといいますと、
まず外的な痛みや刺激に弱いということです。

さらに、皮膚には潤いが保たれていますが、その水分量が大人に比べて圧倒的に少なくなります。
ということは、お肌の潤いが失われるのを防いでくれる皮脂が少なくなった際には大人と赤ちゃんとでは赤ちゃんの方が早く水分が失われてしまいます。

ちなみに赤ちゃんは生まれたては皮脂分泌がとても多く、3ヶ月を目途に徐々に少なくなっていきます。つまり皮脂分泌量も不安定な赤ちゃんはお肌の乾燥を招きやすいといえます。

この外的刺激に弱く、乾燥しやすいお肌というのはお肌のバリア機能が弱いともいえます。

お肌のバリア機能というのは潤いと皮脂膜という油分によって保たれていますが、
それらのバランスが崩れると外からの刺激によるお肌への負担が大きくなります。

だからこそカサカサの乾燥肌などはお肌本来のパワーを弱らせ、どんどん刺激に弱い肌、つまり敏感肌へと導いてしまいます。

皮膚が薄く、乾燥しやすい赤ちゃんの肌は刺激に敏感な敏感肌となっていますので、お肌になるべく刺激を与えず、乾燥からお肌を守るためのケアをしてあげることが必要となります。

Leave a Reply